ブレインフードと食育

食育というと、ふつうは「子どもの食育」、たとえば 子どもむけの料理教室 子どもが参加する農業体験 を示すことが多いですね。 子どもといっても年齢幅は広いのですが、食育の多くは 一定の言語能力が身についている年齢ではあるけれども 自分のこづかいでハンバーガーを買う、コンビニでスナックを買うという年齢までには至っていない...

US NEWS というアメリカの有名な雑誌社のサイトに、 「世界のダイエットのランキング」 が掲載されています。 毎年、さまざまなダイエットをUS NEWS 社が詳しく調査し、ランキングを発表しています。 2018年のランキング上位を紹介します。 なお、ここでいう「ダイエット」は、「痩せる」ということに限らず、「食事法」「食事のしかた」全般を指します。...

成績を上げたければ○○をできるだけ毎日、食べたほうが良い。 これは日本だけでなく他国でも確認されています。 ○○とは、「朝食」です。

成績を上げたければ、勉強よりコレ。 コレって、何でしょう? まずはこのグラフを見てください。

世界3大発明というと 火を使えるようになったこと 道具の発明 文字の発明 あるいは 火薬 印刷機 羅針盤 が候補としてあげられますが、イギリス「ガーディアン紙」によれば、最大の発明はなんといっても 「料理」 だそうです。

クルミは 「世界3大ブレインフード」 の1つ、ナッツ類の代表格。 さて、そのクルミですが、クルミと脳は似てますよね。

ノーベル賞を取りたかったら、アレを食べてコレを飲む。 まず、「アレ」ですが、4年前のこと、ニューイングランド医学ジャーナルという権威性の高い学術誌に、 「アレを食べる国ほど、ノーベル賞を取っている」 という統計が発表され、賛否両論、世間の注目を集めました。 その「アレ」というのが、これです。

アメリカなどでは、 感情に働きかける食べもの というカテゴリーが存在しており、 「ムード・フード」 と呼ばれています。

「ブルーベリーは目に良い」 って、よく言うけど、本当にそうなのだろうか? じゃあ自由研究、やってみるか。 ブルーベリーを毎日せっせと食べることにしよう。 待てよ、自分だけ目が良くなっても偶然かもしれない。 仲間のあいつらにも毎日ブルーベリーを食べてもらい、どうなるか調べてみるのだ。

「次世代ブレインフード」は、まだブレインフードとしての評価が確立したものではありません。 けれども、 「ブレインフードとしてパワーがありそうだ」 という予感がひしひしとするため、専門家(科学者)がこぞって研究にとりかかっています。 ですので、近い将来、 「立派なブレインフードとして証拠がそろった!」 となる可能性が高いです。...

さらに表示する