ブレインフードの番付

大相撲に「番付」があるように、ブレインフードマイスター協会では独自の基準にもとづき、ブレインフードに「番付」のようなものをつけています。

ただし大相撲の番付には「横綱」「大関」「関脇」…といくつもの階層がありますが、ブレインフードの場合は階層は3つです。

ブレインフードの番付には名前がついていませんけれども、ここでは仮に

  • スーパースター
  • スター
  • 次世代ブレインフード

と呼ぶことにしましょう。


 

 ▽

 

ブレインフードの現在の「スーパースター」は、

  • ナッツ(クルミなど)
  • チョコレート

です。

この3つは世界保健機構(WHO)が推奨する世界3大ブレインフードです。

 

これらが「脳に良い」ということ(=ブレインフードであること)は、多くの研究で支持されています。

 

 ▽

 

「スーパースター」の次に来る「スター」は、ブルーベリーなど、現在12種類あります。

 

「次世代ブレインフード」は、まだ研究データがそろっていないものの、このところ注目されて研究者が増えている食材です。

  • ビーツ
  • ウコン
  • セロリ

がその代表です。

 

 ▽

 

ブレインフードの番付ですが、

「脳の活性化に寄与する可能性が高いとして、科学系の優良メディアで取り上げられる頻度の高いものを選ぶ」

という方法で行っています。

(この方法は学術的に「システマティックレビュー」「メタ分析」などと呼ばれる手法の一部を取り入れたものです)

したがって科学系の優良メディアで取り上げられる(話題になる)頻度が上がれば、番付は上がりますし、反対に頻度が減れば、番付が下がります。



ブレインフードのことがよく分かる無料のメール講座

ブレインフード入門

毎日1通ずつ7日間、計7通のメールを送ります。

この7通のメール講座で、ブレインフードの入門知識を深めることができます。

購読は無料です。

以下のフォームから申込できます。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です