頭を使うすべての人の食事学

ブレインフードについて


これから注目!

食べものや飲みものの違い(=栄養の違い)により

  • 脳の働きが高まったり低下したりする
  • 心や感情が高ぶったり落ち着いたりする

その結果、集中力モチベーションも影響を受け、

  • 仕事のパフォーマンスが上がったり下がったりする
  • 勉強の効率が良くなったり悪くなったりする

ということに気づいた人々が増えています。

 

また、

  • ブレインフードについて研究する人が増えてきています。
  • ブレインフードで商品開発をしたい食品メーカーも増えています。
  • ブレインフードとして知られる食材も増えてきました。

 

→ブレインフードの可能性


ブレインフードとは

ブレインフードのブレインは「脳(brain)」のこと。

ブレインフードのフードは「食(food)」のこと。

 

ブレインフードは、

「脳に働きかける食生活」

すなわち

  • 脳の活性化
  • 記憶力・集中力向上
  • 心や感情の安定
  • メンタルヘルス
  • 脳の健康
  • 子どもの育脳
  • 認知症予防

などをもたらす「食べもの」や「食べかた」のことを指します。

 

→ブレインフードの可能性


ブレインフードにはどんなものがある?

テレビや新聞、雑誌、インターネットの記事などでよく話題になるブレインフードとしては、

 

ナッツ類(クルミなど)

青魚

カカオ(チョコレート)


 

この3つを代表的なものとして挙げることが一般的ですが、じつは他にもさまざまなブレインフードがあります(※)。

多くは日常的に手に入りやすいものですので、積極的に取り入れましょう。

 

(※)ブレインフード講座では、独自の基準により17種類のブレインフードを選び、解説しています。


ブレインフードについて詳しく知りたい

メール講座

ブレインフード入門

 

  • ブレインフードの入門知識を7通のメールで解説

 

講座  ブレインフード講座
情報提供

ブレインフードマイスター協会は何をしているところ?

<1>

ブレインフードの知識を伝える人

「ブレインフードマイスター」

を養成する講座を開催しています。

 

講座は3種類あります。

  1. ブレインフード入門(メール講座)
  2. ブレインフード基礎講座
  3. ブレインフードマイスター講座

<2>

ブレインフードにはさまざまな応用がありますが、その中でも特に

仕事のパフォーマンス向上

の分野にフォーカスした人材育成を進めています。


→ブレインフードマイスターと健康経営


ブレインフードマイスターとは?

ブレインフードマイスターとは、

  • ブレインフードを基礎から学び
  • 日常生活の中でその知識を実践し

さらに

  • その知識を伝え
  • さまざまな分野で活用できる

という民間資格です。